パスワードを忘れた? アカウント作成

過去1週間(やそれより前)のストーリは、ストーリアーカイブで確認できますよ。

25788 story
Google

Google SearchがIPv6に対応 31

ストーリー by nabeshin
準備ができました 部門より

Yoh2 曰く

Googleは5月13日、IPv6版Google Searchをブログにてアナウンスした(Official Google Blogの記事IETFの実験で開設された旨のストーリ )。

早速試してみたところ、検索結果には、IPv6対応サイトのみでなく、IPv4対応のサイトも表示された。同じキーワードで検索すると、IPv4版とIPv6版で検索結果が微妙に異なるようだが、IPv4版のGoogle検索結果と区別が付かない。検索結果へのキャッシュのリンクはIPv4となっているようでやや残念。

現状では、上記に書いたように、単にトップページと検索結果にIPv6で接続できるようにしてみました、といった具合であまり面白みがないが、例えばIPv6サイトを優先的に表示するなど、IPv4版と差別化が図られると面白いことになるのではないかと密かに期待している。

なお、IPv4接続環境しかない人も、SixXS IPv6 to IPv4 and IPv4 to IPv6 Website Gatewayのような、IPv4 - IPv6ゲートウェイサービスを利用することでIPv6版Google Searchにアクセスすることが可能だ。

3397 story
OS

RMSの伝記:Free as in Freedom 29

ストーリー by Oliver
free-beerも嬉しい 部門より

yabu 曰く、 "いささかならず古い話になってしまったかもしれませんが、今年春に出版されたSam Willamsの "FREE AS IN FREEDOM---Richard Stallman's Crusade for Free Software"を もうお読みになった方いらっしゃらないでしょうか?
FDL本なので上記サイトや、著者自身のFAIFzilla.org からも読むことができます。けれど、表紙カバーの尊師のご尊顔はよくあるラスプーチン紛いのものとは打って変わって、聡明な好青年(好中年?)とも見える珍しいものなんで現物買っちゃいました。

ストールマンについての話をまとまった形で目にすることは少ないので、何とか読みたいのですが、仕事のスケジュールと英語から遠ざかって早幾年って感じでちょっと億劫でもあるんで、翻訳予定などの情報があればぜひぜひ教えてやってくださいな♪ にしても、あんまり話題にされてないようなのが、ちょっと気がかり。"

typodupeerror

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

読み込み中...