パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

プログラミング情報誌「C MAGAZINE」が休刊か」記事へのコメント

  •  久しぶりに読みたくなったから1年分申し込んだばかりなのでびっくり。
    あーあ。

     まぁ、雑誌を必要とする層は、JAVAや.NETに行ってしまってC人口は減っているのでしょうね。
    • by ryokiwind (22763) on 2006年01月18日 13時39分 (#866149)
      確かにC/C++を主とする人口は減っているとは思うが、
      休刊の主因はそこじゃないと思う。

      最近の「C MAGAZINE」は、名前こそ「C」を謳ってはいるが
      特にC言語にこだわらず、いろいろな言語のソース、
      アルゴリズムを載せていたように思いますし。

      主な原因はオンラインヘルプの充実、インターネットの発達
      ドキュメントの電子化など
      書籍に頼らない開発者が増えてきたのが主因だと思う。
      昔は書籍いろいろあさって苦労して調べた事柄も、
      今ではネットで検索で一発で判明することが多いですからねぇ

      #時代の流れとはいえ
      #大昔、学生のころは愛読していたのにさびしい限りではある・・
      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2006年01月18日 14時00分 (#866161)
        >最近の「C MAGAZINE」は、名前こそ「C」を謳ってはいるが

        10年くらい前に数年間購読してましたが、当時もCに限らない感じでしたよ。
        後半は激しく同意。

        実践的なコードの掲載は少なめで、
        どちらかというと概念や考え方を、多く学んだ気がします。
        あと付録の LSI-C86 試食版。これなしに今の私はなかった。
        親コメント
        • >あと付録の LSI-C86 試食版。

          こいつが出た当時はすでに雑誌を読まなくなっていたな。
          当時のパソコン通信でだいたいの情報は入手できてた。もちろんこの試食版もね。
          むしろ今まで生き残れていたほうが不思議な気がする。
      • C++使ってた頃は、STL関係の記事をよく読んでました。
        Standard C++ Libraryとか、技術の動向にワクワクしてテンプレートに関するコンパイラの妙な動作に悩まされていたりしました。

        コンパイラがまともになる頃には、C++は書かなくなってしまいました。
        最近はC++全然ご無沙汰です。

        親コメント
    • by Anonymous Coward on 2006年01月18日 15時16分 (#866190)
      すごく久しぶりに今日本屋で見つけて買ってきたばかり。買ってきたところでいきなりで大分驚き………

      自分も最近は情報はネットで探すほうが先になっているので、休刊になってしまう事情は分からなくも無いが、とても残念。
      自分で探す対象が分かっているときはネットは役に立つけど、新しい手法とか、自分の知らないネタを取り留めなく見つけるのに
      やはり雑誌と言う媒体は良かった。ときどき新しい着眼点のネタになっていたのにな……

      けれど一方で、90年代に比べて、C++も落ち着いてきたし、Windowsプログラミングも情報が溢れて事欠かなくなってきて、
      一所懸命に情報を集めたWinSDK黎明期とは状況も変わってきたのでしょうね。
      よく言うと「枯れた」分野になったのでしょうけれど。

      物作りをする人って、ラジオを作った世代、デジタル回路を作った世代、プログラムをしてきた世代と色々移り変わってきたのでしょうけれど、次はどこに行くのでしょうね。
      親コメント
    • ずっと愛読してたのに・・・OTL
      3月発売号ってことは4月号で休刊?
      なんか中途半端だなあ。

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

処理中...